食べ物や食品の別名・異名一覧|食べ物クラブ

NEW食べ物の別名を一覧にまとめた「食べ物クラブ」がオープンしました。

海産物

黄色いダイヤとは?通販や購入など

海産物は、海でとれる魚介・海藻などの産物、およびその加工製品、鯨などの哺乳類も含みます。

魚介類で使われる、「魚」とは魚類とクジラ目のことで、「介」は、古代中国の五行にもとづく動物分類で、亀・甲殻類・貝など甲羅を持つ動物の総称です。

ただ、イカ・タコ・ナマコなどは、本来は魚類でも介類でもないが、魚介類に含められます。

魚貝類、魚蟹類という言葉もあり、魚介類の単なる書き間違いのこともありますが、それぞれ文字どおり「魚類と貝類」「魚類とカニ類」と解釈されることもあります。

また、食物としてのシーフードを指すこともあります。

黄色いダイヤとは
カテゴリー 海産物
別名・異名 黄色いダイヤ
食べ物 数の子
数の子が黄色いダイヤと呼ばれる理由

おせちや惣菜などに欠かせない数の子ですが、黄色いダイヤと呼ばれることもあります。
というのも、価格が高く、黄金色をしていることからこう呼ばれるようになりました。

元々、数の子は、語源は「かどの子」の訛りで、近世までニシンを「かど(カドイワシ)」と呼んでいたことの名残です。

ニシンの卵一粒一粒は細かいですが、無数の卵が相互に結着して全体としては長さ10cm、幅2cm前後の細長い塊となっています。

このニシンが昆布に卵を産みつけたものを子持昆布と呼び、珍味としてそのまま食べたり、寿司ダネとして利用されます。

黄色いダイヤをAmazonで購入

PR