Warning: file_get_contents(https://app.rakuten.co.jp/services/api/IchibaItem/Search/20140222?fotmat=json&applicationId=1039050379505633335&affiliateId=1404b601.aeda8cd1.1404b602.49ddb955&keyword=ホヤ&hits=10&sort=%2BaffiliateRate): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 429 in /home/site-db/www/alias-food/include/api/rakuten_item.php on line 104
海のイチジクとは?通販や購入など|食べ物クラブ

食べ物や食品の別名・異名一覧|食べ物クラブ

NEW食べ物の別名を一覧にまとめた「食べ物クラブ」がオープンしました。

海産物

海のイチジクとは?通販や購入など

海産物は、海でとれる魚介・海藻などの産物、およびその加工製品、鯨などの哺乳類も含みます。

魚介類で使われる、「魚」とは魚類とクジラ目のことで、「介」は、古代中国の五行にもとづく動物分類で、亀・甲殻類・貝など甲羅を持つ動物の総称です。

ただ、イカ・タコ・ナマコなどは、本来は魚類でも介類でもないが、魚介類に含められます。

魚貝類、魚蟹類という言葉もあり、魚介類の単なる書き間違いのこともありますが、それぞれ文字どおり「魚類と貝類」「魚類とカニ類」と解釈されることもあります。

また、食物としてのシーフードを指すこともあります。

海のイチジクとは
カテゴリー 海産物
別名・異名 海のイチジク
食べ物 ホヤ
ホヤが海のイチジクと呼ばれる理由

ホヤ(海鞘、老海鼠)は脊索動物門尾索動物亜門ホヤ綱に属する海産動物の総称。

そんなホヤですが、「海のイチジク」と呼ばれることがあります。

イチジクというと、クワ科イチジク属の落葉高木、またはその果実のことですが、不老長寿の果物とも呼ばれます。

そのイチジクを半分に切ってみると種が多く、中身が熟しています。

その見た目がホヤを半分に切ったときと同じように見えることから、「海のイチジク」と呼ばれるようになったと言われています。

食用に供される種であるマボヤは、日本では太平洋側は牡鹿半島、日本海側は男鹿半島以北の近海産で、天然物と養殖により供給されていますが、トリュフ同様、貴重であることからこう呼ばれるようになったと言われています。

ちなみに、このホヤは、特にワタと呼ばれる肝臓や腸には独特の匂いがあり、酒の肴として好まれ、刺身、酢の物、焼き物、フライとして調理され、塩辛、干物に加工されます。

海のイチジクをAmazonで購入

PR