食べ物や食品の別名・異名一覧|食べ物クラブ

NEW食べ物の別名を一覧にまとめた「食べ物クラブ」がオープンしました。

海産物

神の魚とは?通販や購入など

海産物は、海でとれる魚介・海藻などの産物、およびその加工製品、鯨などの哺乳類も含みます。

魚介類で使われる、「魚」とは魚類とクジラ目のことで、「介」は、古代中国の五行にもとづく動物分類で、亀・甲殻類・貝など甲羅を持つ動物の総称です。

ただ、イカ・タコ・ナマコなどは、本来は魚類でも介類でもないが、魚介類に含められます。

魚貝類、魚蟹類という言葉もあり、魚介類の単なる書き間違いのこともありますが、それぞれ文字どおり「魚類と貝類」「魚類とカニ類」と解釈されることもあります。

また、食物としてのシーフードを指すこともあります。

神の魚とは
カテゴリー 海産物
別名・異名 神の魚
食べ物 ハタハタ
ハタハタが神の魚と呼ばれる理由

ハタハタは、カミナリウオの別名で、泥や砂の海底に生息する深海魚です。
秋田県の県魚としても知られ、しょっつると呼ばれる魚醤が有名です。

食べ方としては、塩焼き、田楽、ハタハタ汁、ハタハタ寿司(なれずしの一種)などがあり、多くの方に親しまれています。

そんなハタハタですが、「神の魚」と呼ばれることもあります。
というのも、ハタハタを漢字で書くと「鰰」となり、神という字が入ることからこう呼ばれています。

ハタハタは「雷のよく鳴る季節に産卵のため沿岸に押し寄せること」から魚へんに神(雷の意味)を旁(つくり)にあてられました。

神の魚をAmazonで購入

PR