食べ物や食品の別名・異名一覧|食べ物クラブ

NEW食べ物の別名を一覧にまとめた「食べ物クラブ」がオープンしました。

畑の作物

大地のリンゴとは?通販や購入など

農作物とは、農業による生産物のことを指します。
そのため、正確には、畜産物を含みませんが、このことを強調して農畜産物を言い換えられる場合があります。

じゃがいもや大豆、オクラといったものが農産物の例として挙げられます。

大地のリンゴとは
カテゴリー 畑の作物
別名・異名 大地のリンゴ
食べ物 じゃがいも
じゃがいもが大地のリンゴと呼ばれる理由

ジャガイモは、ナス科ナス属の多年草の植物。デンプンが多く蓄えられている地下茎を食品として利用します。

ジャガイモは地下の茎の部分(塊茎)を食用にする。加熱調理して食べられるほかに、デンプン原料としても利用されます。

ジャガイモの原産は南米アンデス山脈の高地で、16世紀には、スペイン人によりヨーロッパにもたらされました。このとき運搬中の船内で芽が出たものを食べて、毒にあたったため「悪魔の植物」と呼ばれました。日本には、1600年ごろにオランダ船によりジャカルタ港より運ばれた。日本では当時は観賞用として栽培されたといいます。

そのほか、オランダ語のaardappel(大地のりんご)からきた「アップラ」「アンプラ」「カンプラ」という呼称も存在します。

大地のリンゴをAmazonで購入

PR